アップルウォッチはどの種類が良いの?series6/SE/series3の違いを解説!

Apple Watchが欲しい!だけどたくさん種類があって、どの機種を選べば良いかわからないな…

現在Apple Watchは3タイプが販売されています。
series6/SE/series3

この3タイプ、どれもApple Watchには違いないのですが、微妙な違いがあるため、Apple Watchの購入を検討している方にとっては気になりますよね。
どれも気軽に買えるものではないですし、購入前にはよく考えたいところ。

本記事ではApple Watchの3タイプの違い・それぞれのシリーズがおすすめな人を解説しています。
これからApple Watchデビューを考えている方や、旧モデルから買い替えを検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

もくじ

Apple Watch Series6・SE・Series3の比較

さっそく、Apple Watch Series6、SE、Series3の3モデルを比較します。

本体価格|コスパの良さはseries3


Apple Watch series6

47,080円(税込)から


Apple Watch SE

32,780円(税込)から


Apple Watch series3

21,780円(税込)から


価格差で見るとApple Watch series3の価格が圧倒的に安いですね。
新シリーズが発売されたことで、series3の価格はかなりリーズナブルになりました。

とりあえず一番安いモデルでApple Watchを試してみたい人
series3が良いでしょう。

ディスプレイサイズ|大きさと操作性でSeries6・SE

https://www.apple.com/

Apple Watchの公式ではディスプレイサイズがみんな同じように見えてややこしいのですが、
series6とSEは、series3より画面の黒枠が狭く、30%も表示領域が大きくなっています。

https://www.apple.com/

この違いはなかなか大きくて、series3だとディスプレイ横の黒枠が太く、画面が縦長に見えます。
series6・SEは黒枠が狭くなり、ほとんど正方形に見えます。
視認性が高く、操作もしやすいと感じました。

ディスプレイ自体の綺麗さはどれも同じなので、series3も十分綺麗に見えますが、
見比べてしまうと結構違いを感じるので、予算に余裕のある方はseries6・SEを購入した方が後々後悔はないと思います。

ケースサイズ|微妙に違うが見た目はほぼ同じ

出展:https://www.apple.com/

このように見た目の違いはほとんどありません。

https://www.apple.com/

ケースサイズ40mmを使っています。DWの文字盤と比べるとこんな感じ。

Apple Watchを買うか迷っている人の中に「画面サイズが大きい」と懸念している方は多いと思います。

普段から大きい時計を使っている人は特に気にならないと思いますが
小さめの文字盤の時計を使っていると、その大きさに最初は違和感を感じるかも。

小さいケースが良い人は、series6・SEなら40mmを選ぶと良いでしょう
series3は40mm/38mmの2タイプなので、どちらも小さめです。

大きい文字盤が良い人はseries6・SEの44mmがおすすめです。
かなり操作がしやすくなります。

新機能|各種センサーを使った健康管理がしたいならseries6

https://www.apple.com/

現在販売しているApple Watchには全て「心拍数測定」の機能が備わっています。

一方でseries6にだけ備わっている機能は「血中酸素ウェルネスアプリ」「心電図アプリ」の2つ。
心電図アプリは、通常よりも高い心拍数と低い心拍数、または不規則な心拍リズムが検知された時にアラートを受け取ることができます。

正直私は心拍数測定さえ日常的に使うことはないので、購入の際にこれがあるからseries6を買う!とはならなかったですね。

ただし日常的に血中酸素や心電図を見ることができるので、日々の健康管理のためにとても良い機能だと感じます。
心臓が弱い方や、高齢の方への贈り物にするにはseries6がおすすめです。

素材|フレームの素材が選べるのはseries6

Apple Watch SE・series3のフレームに使われている素材はアルミニウム
series6はアルミニウム・ステンレススチール・チタニウムの3つから選ぶことができます。


アルミニウム


ステンレススチール


チタニウム


アルミニウムは少しチープな感じがするので、見た目を高級感ある感じにしたい人はseries6のステンレス・チタニウムを選んだ方が見た目が華やかになります。

こんな感じのバンドと合わせることで、Apple Watchをよりスタイリッシュに魅せてくれそうです。

series6の常時点灯が結構便利!

series6にはディスプレイの常時点灯機能が備わっています。

SEとseries3はディスプレイを操作せず置いておくと真っ暗になってしまいますが
series6は真っ暗にならず、少し暗い状態で文字盤が確認できます。

ディスプレイが点灯している状態

しばらくすると薄暗い画面に。完全に消えず時間は確認できる。

スマートウォッチは画面が自動でスリープモードになってしまい、ちらっと時間を見ることができない不便さがありましたが
series6であればふと画面を見たときでも時間が確認できるようになっています。

ただし常時点灯機能は電池を使ってしまうこともあり、不要という声も見かけます。series6でもこの機能はオフにできます。
また手首を返したりすればすぐに画面が点灯するので、そこまで重宝する機能でもなさそうです。

Suicaなど基本的な性能はすべて使える

Apple Watchで使いたい機能は何ですか?

Suica?
目覚まし?
遠隔シャッター?
音楽の再生管理?
Siri?

このような基本機能は全シリーズに備わっているので
どのシリーズを買っても不満はないと思います。

Apple Watchを購入して私が便利だなと思った機能は「Apple Pay」「アラーム」「遠隔シャッターボタン」なのですが、これらはどのApple Watchを買っても使うことができるので、最新機種にこだわる必要はなかったかも…と思ったりもします。

ただしディスプレイサイズや価格など微妙にモヤっとするところに違いがあるので、この部分は検討する必要がありそうです。

どのシリーズにするか迷ったら、どこを重視するかで決めよう


series6がおすすめ

・最新機能は全て試したい
・ステンレス・チタニウムのフレームにしたい
・常時点灯機能が欲しい
・下位機種を買ったらモヤモヤしそう

SEがおすすめ

・ディスプレイサイズは大きい方が良い
・series3の画面は不満だがseries6は高いと感じる
・心電図や常時点灯は不要

series3がおすすめ

・とにかく価格重視!安いものが良い
・Suicaなど基本性能が使えればその他の機能は気にしない
・38mmの小さめケースが良い

もともとはApple Watch不要説を唱えていた私ですが、Apple Watchをつけてからすっかり虜になってしまいました。
若干の機能差はあれど、素敵な基本性能は全シリーズで堪能できます。

Apple Watchはフレームの色とベルトで見た目はいくらでもおしゃれになるので
購入した後はいろいろカスタマイズしてみてください。

Apple公式にはカジュアルでスポーティーなバンドばかりですが、
Amazonなどでおしゃれなバンドがたくさん売っています。

あわせて読みたい
ベルト風がおしゃれ。手首が細い人に最適なApple Watchのバンドをご紹介。 Apple Watchを持っているけど、純正のバンドは太いし、ちょっとカジュアルすぎて職場では使いにくいんだよね〜 Apple Watchって便利ですよね。起きてから寝るまで、職場...

自分にあったApple Watchと出会えますように!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる